株式に未公開株(非上場株)があるように、仮想通貨の世界にもどこの取引所でも取扱いのない未公開通貨が存在します。
つまり、その通貨としてのブロックチェーン技術の確立により、ネットワーク上に発生させることに成功したものの、まだ実際の取引には使われていない状態です。

このような未公開通貨の購入には注意が必要です。
株式の例と同じように、購入したはいいものの、いつまで経っても公開されない(取引ができる状態にならない)と、ただの電子データを所持しているに過ぎません。
公開されれば購入した金額の何倍にもなるといったような触れ込みでこの未公開通貨を売りつける詐欺まがいの行為が近年多々発生しています。中には著名人をイメージキャラクターにしたようなものまである始末です。

ちょっとした副業に最適などといううたい文句もよく使われ、時には一定の金額の購入者に限り、イメージキャラクターの特別イベントに参加できるような特典を付けてくることもあります。
そのようなものはかなりうさんくさい通貨だと考えていいでしょう。ある程度の購入者が出た後に実際に取引所に公開される場合もありますが、購入時より安値になることがほとんどで、それでは副業にもなりません。

全ての未公開通貨がそのような詐欺のようなものだとは言いませんが、公開前に一般に宣伝するものはいずれも怪しいと考えないといけません。
仮想通貨は今や1000種類以上存在していますが、その多くがいつの間にか取引が始まっていることに注目してください。

つまり、その通貨の公開の為に協力したり、投資をした人が所持している状態からスタートしており、先に一般に通貨の購入を求めるようなことはしていません。
それを行うと、そこで購入した人たちに得をさせることになるので、まともな通貨として今後も流通させる気であれば、大々的にそんなことをするはずはないのです。

その為、公開前に一般に売り出すということは、それによってお金を集めるだけ集めて通貨は公開せず、そのまま持ち逃げのような形になる可能性が高いと考えてください。きちんと公開されたとしても、先のように購入時の金額を割り込むことが多く、利益を出すのは難しいでしょう。

LINEでそのような未公開通貨の話が周ってくることがありますが、手を出さない方が無難です。
購入金額による何かしらの特典が付いているものは、更に怪しいと思っていいでしょう。株式では以前から同様の詐欺行為が多発していますが、それが仮想通貨の世界でも行われるようになってきたということです。うまい話には注意と言ったものですが、この実公開通貨の購入は正にそれに該当するものだと解釈しておきましょう。